【江戸時代の性事情】江戸の人妻も売春をしていた!今の日本とさほど変わりない…(´・ω・`)

「売春」と聞くとネガティブなイメージなありますが、江戸時代の「遊女」と聞くと、なんだか高貴で高級な「立派な仕事」というイメージがありますね。

91gokpjzq0l 小説や漫画の題材にもなる遊女。

売春していることに変わりはないのですが、なんとなく我々現代人は遊女に関して、現代の売春とは違ったイメージを持っていますよね。

『江戸の売春』(永井義男/河出書房新社)という本を読んでみると、遊女のランクが分かりやすくなっています。

最高位:花魁
最下層:夜鷹

遊女に興味があるなら読んでみてもいいのではないでしょうか。

しかも江戸時代の遊里というのは吉原だけではないのです。幕府公認の公娼もあれば非公認の私娼もあり、江戸四宿や岡場所といった場所もあったそうです。

なんとなく今の日本と変わりませんね。

さらにそれ以外にも売春が行われていた場所があります。

その一つが「地獄」です。

気になる続きは、次のページで!!