【都市伝説が本当に!?】大量のコカインが発見されたのは・・・コカ・コーラ工場!!おいおいそれってまさかwww

末端価格で58億円!!!





事件が起きたのは大手コカ・コーラのフランス南部にある工場。

コスタリカから送られてきたジュースのコンテナの中に、大量のコカインが入っており大騒動に!

現地紙バール・マタンによれば、発見されたコカインはなんと370キロ!約5000万ユーロ!日本円で約58億円!!

【コカ・コーラの原材料はコカインだ】

こんな都市伝説を思い浮かべた方も多いと思いますが、実はこの都市伝説、あながち間違いではないのです。

コカ・コーラが作られた当初、コカの葉から抽出した液も原材料として使用していたために、コカインが含まれていたというのは本当なんです。ただしどれくらいの量が入っていたかは不明で、19世紀の終わりにはコカインは使用されなくなっています。

しかしこのニュースを聞けば「やっぱり入ってるんじゃないか!?」と思う方もいるでしょうね!

けれどもよく考えてみれば、コカインって高価なものですから、ジュースの原材料にするにはコストが高すぎてそもそも非現実的・・・ですよね。

続きは次のページで!!